大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

大会の特徴

スポーツこそは、吾人に何物よりも、強き力を与えるものである。

三浦弥平論文「最近独逸におけるスポーツの新傾向」より

三浦弥平の略歴(1891~1971)

三浦弥平

明治24年4月、伊達郡白根村字木ノ田(現伊達市梁川町白根字木ノ田)に生まれ、白根尋常小、梁川高等科、旧白石中から早稲田大学政治学科卒業。旧白石中時代から陸上競技の道へ入り、早大時代各種大会で入賞を重ねた。特に大正9年第1回箱根駅伝5区山登りコースの走者(元祖:山の神)でもある。大正8年、日本体協主催の日本選手権大会に2°39’40″、同年、関東学生大会(後のインターカレッジ)に2°52’24″の記録で優勝する。翌年の第7回オリンピック、アントワープ大会(1920、大正9年)にマラソンランナーとして金栗四三氏らとともに出場、福島県第1号のオリンピック選手となる。第8回オリンピック、パリ大会(1924、大正13年)へも連続出場する。

帰国後の昭和4年、郷里のブナ山頂にオリンピック村を建設し、青少年の体力づくり、健全育成に尽力するが、戦況拡大にともない閉村。東京~新京間戦勝祈念マラソンを行い渡満、戦後は再び郷里へ帰り、地域青年を集めてのマラソン大会や私設保育所を開設するとともに白根体育クラブの育成等、晩年まで地域スポーツの振興に尽力した。昭和46年4月、満80歳で永眠。

三浦弥平杯ロードレース大会に参加ください。

特徴1コースの特徴
コースは最初の2kmまでは、街のメインストリートをさわやかに走るコースです。後半は、自然豊かな山間の登りを、三浦弥平氏生家近くまで行き折り返すコース。
特徴2特別賞は町特産品をプレゼント!!
特徴2遠来賞、高齢者賞、おしどり賞の方には特産品であるリンゴをプレゼント!!
特徴3沿道にはあたたかな声援
特徴3コース内では地元の皆さんによる声援と太鼓の応援などもあります。
特徴4三浦弥平翁の記念碑
特徴4スタート・ゴール地点と居宅跡に記念碑があり、居宅跡には東京世田ヶ谷観音の「イダテン」イチョウが植えられています。是非ご覧下さい。

主催

三浦弥平杯ロードレース大会実行委員会

特別協賛

PAGETOP
MENU